最新レーシックの研究所


大切な眼の治療は”クリニックが近い、安いなどの理由で安易に選んではいけません。”
レーシックは主に2種類あり、一つはマイクロケラトームという金属刃を使用し、角膜(眼の表面)をめくり、視力矯正用のレーザーで近視、乱視などを回復させる手法でこれが従来のレーシックと呼ばれるものです。かって銀座眼科で集団感染がおこったのはこちらの術式になります。
(集団感染の原因は、器具の消毒を怠ったからです。あまりにもお粗末な内容のため、業界全体が呆れ果てています。)

現在の主流はマイクロケラトームという金属刃を使用せずにレーザーで角膜の表面をめくります。

当サイトお薦めのイントラレーシックは従来のレーシックのように金属刃を使用しません。
イントラレーシックでは角膜固定リングなど全ての器具が1眼ずつ使い捨てにされます。レーシック治療で問題となった感染症は発生しておりません。※患者様に触れる器具は使い回すことなくディスポーザブル(使い捨ての物)を使用しています。
治療時間は片目10分、両目でも20分程度、点眼麻酔(目薬)をするので痛みを感じる事もなく、術後はそのまま帰宅する事が可能です。
品川近視クリニックのアンケートでは98%以上の方はほとんど痛みを感じなかったと回答しています。

品川近視クリニック



適応検査無料
錦糸眼科



適応検査無料
 
神戸神奈川アイクリニック



適応検査無料



2005年1月、米国海軍医療センターは「イントラレーシックでの治療を受けた兵士は従来のレーシックよりも光の感受性が強く、視力回復の時間も大幅に短縮し、全ての期間でコントラストや視力もレーシックより優れていた」と発表しました。2006年12月、米国国防相は、陸・海・空・海兵隊など屈折矯正治療を希望する全ての軍人にはレーシックではなくイントラレーシックを受けさせると発表しました。

また、これまで米軍パイロットにはレーシックを含めて全ての屈折矯正治療が禁じられていましたが、しかし、2007年5月、米海軍によってイントラレーシックが初めてパイロットに認められました。過酷な条件下で優れた視力を要求されるパイロットにイントラレーシックが認められたのは画期的なことです。
2007年、わが国でも臨床治験が始まり、世界的にもイントラレーシックが急増しています。
数年後にはほとんど全ての症例がイントラレーシックに代わると考えられています。
◆ 錦糸眼科より引用 ≫

レーシックの欠点と限界
従来のレーシックは「マイクロケラトーム」という小型のカンナのような精密機械(金属ブレード)で角膜をめくり、その内側にレーザーを照射し角膜の内側を切除し屈折矯正をします。しかしマイクロケラトームを使用した場合、ブレードの往復運動により角膜フラップ切開面の歪みがおきやすいのが欠点です。
その影響から光がにじんで見えてしまう「ハロ」という副作用が生じやすいのです。
また、コンタクトレンズを長期使用する事により角膜が薄くなってしまった方、強度近視の方では不適応になるなどの欠点もありました。それを克服したのが新しいイントラレーシックです。

イントラレーシックはコンピュータ制御でフラップを作成します。従来のレーシックに比べ極めて正確で均一な薄いフラップを作成することが可能です。マイクロケラトームのように金属ブレードの往復運動もありませんので、スジのない薄く滑らかなフラップが作れます。その結果ハロの発生を大幅に押さえることが可能になり、角膜切除の量にも余裕ができ、強度近視の方でも手術可能です。
また、従来のレーシックでは術後ドライアイになってしまうことがありましたが、イントラレーシックは角膜への負担が大幅に軽減、ドライアイの発生率も低くなりました。術後の回復率もレーシックに比べ優れた結果が数多く報告されてます。

品川近視クリニック

イントラレーシック症例数は1施設として世界一、アメリカイントラレース社より4年連続表彰、トップイントラレース賞を受賞したクリニックです。またZレーシック症例数世界一も受賞しています。開院以来100万症例以上のレーシック手術を行っています。感染症は全くありませんので 安心してご来院下さい。
フラップの作成に術後の眼の負担を最小限に抑えることを可能にしたフェムトセカンドレーザー(フェムトLDV)と、エキシマレーザーには7次元で眼の動きを認識する機能を搭載したアマリスを使用しています。これら2つの機器を組み合わせることで、より安全で質の高い施術を実現しています。人気bP最高級アマリスZレーシックは、これまでのアマリスZレーシックよりもさらにレーザー照射の精度が向上し、さらに照射時間短縮を実現した最高峰のレーシックです。品川近視クリニックでイントラレーシックを受ける患者の術前平均視力は0.08 → 術後1.65を達成しています。 

手術をうけた著名人 タレントの保阪尚希さん、矢部美穂さん、プロゴルファー平塚 哲二さん
格闘家の角田信朗さんなど、多くの著名人が手術を受けています。体験談も掲載中。
両眼の料金(税込) 患者様に合わせて複数のプランをご用意しています。
術式・照射パターンは、検査データにしたがって患者さんに十分説明、納得していただいた上で、最終的に執刀医とレーザー技師が決定させていただきます。
施術内容 税込値段 保障
アマリスZレーシック 26万円 15年
RSレーシック 24万円 13年
トリプルRアドバンス 15.8万円 10年
プレミアムイントラレーシック 9.2万円 10年
アイレーシック 15万円 10年
最高級アマリスZレーシック(人気bP 32万円 15年
品川プレミアムZレーシック 22万円 13年
iFSオーバルイントラレーシック 18.8万円 12年
コンベンショナルイントラレーシック 17.8万円 3年
その他の施術、料金の詳細はこちらをクリック!
適応検査 適応検査は無料です。
検査を受けたからといって必ず手術を受けなければならないわけではありません。
クリニック所在地 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌
治療責任者
院長 綿引一
昭和60年 鹿児島大学医学部卒業
平成20年 品川近視クリニック院長
品川近視クリニック
詳細はこちら!


品川近視クリニック
視力回復率 ※参照データ
イントラレーシック VS レーシック 徹底比較!
イントラレーシック レーシック
術前平均視力0.08 → 術後1.65 術前平均視力0.18 → 術後1.23

僕が品川近視クリニックを選んだ理由
症例数が一番多くて、料金も安いからココに決めました。手術は本当にあっという間です。よく見える様になって変わった事と言えば、今までメガネが嫌いだったのですが、これからは[メガネのオシャレ]を楽しもうという気になってきました。
【品川近視クリニック PR】
品川近視クリニックの患者様の約7割は、以前に当院でスーパーイントラレーシックを受けられた方からのご紹介によるものです。
このことからも品川近視クリニックのスーパーイントラレーシックがいかにご満足頂けているかがお分かり頂けると思います。さらにご紹介の患者様が多い為、広告費(経費)を最小限に抑えることができ、低料金と施設・サービスの充実を実現しています。
品川エディション最高級スーパーイントラレーシックは施術を行なうドクターは1万症例を超える経験豊富なドクターが中心となってチームを編成し担当します。※(主任執刀医制度)
 品川近視クリニックの詳細はこちら
品川近視クリニックの患者様

イントラレーシックのクリニックランキングサイトTOPへ


錦糸眼科

錦糸眼科、総院長:矢作徹は2006年 WORLD TOP DOCTOR 受賞しています。1993年錦糸眼科開院より治療歴20年、院長自身が行った屈折矯正手術の65,000症例以上は国内でも圧倒的な実績です。さらに、レーシックに関する様々な賞を受賞しています。2000年にはゴールドアワード受賞、2003年イントラレーシックパイオニア賞受賞、2006年ワールドトップドクター賞受賞、2007年最優秀論文賞受賞、2009年PVHV賞を受賞。院長のこれらの実績は、まさに日本国内のレーシック開拓者と言えるでしょう。もちろん開院から、感染症が起こったことはありません。
院長の指名も可能です。大切な眼の手術ということもあり、院長を指名する方がとても多いそうです。

院長は米粒に文字をスラスラと書く事ができます。この手先の器用さが精密な作業を必要とするレーシック手術に役立っているのだと納得しました。また、錦糸眼科のエキシマレーザーはFDA(米国厚生省)公表値ランク1位という裏づけがある事も人気のポイントの一つです。※FDA(米国食料医薬品局)は医薬品や医療機器の認可を行う公的機関です。エキシマレーザーによる屈折治療が最も発達した米国では、FDAがエキシマレーザーの認可を行うのと同時に、その性能を公表しています。錦糸眼科では、屈折矯正エキシマレーザーはテクノラス社の最高機器 Technolas 217P と、INTRALASE iFSを用いたイントラZDWレーシックを行っています。宇宙飛行士にも認可された同治療は米国FDAのレーシックによる治療データを大きく上回る、98.3%の回復率が得られています。錦糸眼科では術後10年間の再治療は、1度に限り無料なのも自信の表れでしょう。

錦糸眼科ではこれまで慶応大学や東京大学医学部教授のほか、屈折治療で活躍されている眼科専門医など、数多くの方の治療を行ってきました。その他、 錦糸眼科で治療を受けられた方には、現在、国会で活躍されている衆議院議員、映画俳優、人気女性タレント、プロゴルファーやボクサー、スポーツ選手など多数の方がおられます。こうした方々にたいしても、錦糸眼科は特別待遇をせず、通常費用を頂戴して一般の患者さんに混じって普通に治療を受けていただいております。

手術をうけた著名人 タレント「オセロ」の松嶋尚美さんやレーシングドライバーの山岸大さんなど
両眼の料金(税込) 患者様に合わせて複数のプランをご用意しています。
術式・照射パターンは、検査データにしたがって患者さんに十分説明、納得していただいた上で、最終的に執刀医とレーザー技師が決定させていただきます。
施術内容 税込値段
フェムトレーザー・レーシック
(最高品質のフェムトセカンドレーザーと エキシマレーザーを用いて行うプラン。)
18万円
カスタム・レーゼック
(近視が強く角膜が薄い方や格闘技をされる方に適応のプラン)
22万円
スープラコア
(老眼がある方に対し、遠近両用の治療を行うプラン)
18〜28万円
その他、料金の詳細はこちらをクリック!
適応検査 適応検査は無料です。
検査を受けたからといって必ず手術を受けなければならないわけではありません。
クリニック所在地 東京、札幌、名古屋、大阪、福岡
治療責任者
院長 矢作徹
1976年 防衛大学卒/1980年 東京大学卒/1991年 信州大学卒
1993年 錦糸眼科開院
1999年 スタンフォード大学留学眼科課程修了
2001年 米国白内障・屈折手術学会でゴールドアワード受賞
2003年 米国眼科学会でイントラレーシックパイオニア賞受賞
2006年 米国白内障・屈折手術学会でワールドトップドクター賞受賞
2007年 米国白内障・屈折手術学会角膜屈折部門で最優秀論文賞受賞
2009年 アジアパシフィック白内障屈折矯正手術学会(APACRS)でTPVHV賞を受賞

著書のご紹介(一部)
2011年版 近視レーザー手術ガイドブック/最新 レーザー近視手術/イントラレーザーで新よみがえる視力/レーシックを超えたWave−frontレーゼック/近視・遠視・乱視は治ります/
近視レーザー手術/近視治療レーシック No1実績/LASIKを受けて近視が治った/
近視をレーザーで治す/錦糸眼科のLASIKで近視が治る/よくわかる近視レーザー治療/
徹底解説 近視レーザー治療など。

詳細はこちら!


私が錦糸眼科を選んだ理由
「いつかは錦糸眼科でレーシックを受けたい」。
と思っていた矢先に料金が大幅に下がった事を知りました。地元では昔から有名でしたし、院長の本も読んだことがあったので、他と比較する事など考えませんでした。
私はイントラレーシックとTECHNOLAS217Z、院長指名でお願いしました。
料金は高くなるけど、やはり安心感が違います。手術に対して不安はもちろん、術後経過の不満もまったくありません。手術前は近視が強かったせいか、眼が疲れると頭痛がおきやすかったのですが、それもなくなり、仕事にも集中できるようになりました。
【錦糸眼科 PR】
他院で適応不可の患者様でも錦糸眼科のエキシマレーザーであれば手術可能になる場合があります。
一度検査にご来院下さい。レーシックには経験と技術が必要です。決して簡単な治療ではありません。
 錦糸眼科の詳細はこちら
  錦糸眼科の患者様

イントラレーシックのクリニックランキングサイトTOPへ


神戸神奈川アイクリニック

圧倒的な症例数と手術実績
「レーシック累計140万症例以上※」を誇る実績豊富な医師陣に、屈折矯正の世界的権威を加え、より安全かつ世界標準の医療をあなたに提供します。※【提携先】オプティカルエクスプレスグループ含む。

国内屈指の手術実績と高い顧客満足度。神戸神奈川アイクリニックが支持される特徴。
神戸神奈川アイクリニックでは術後のお客様へのアフターケアについて、責任を持って行っています。レーシックは、ただ手術を受けるだけでいいというものではなく、手術後のケアが大切です。
手術を受けられてからが本当のお付き合いのはじまり。当院では手術を受けられたすべての方へ、安心して手術を受けていただくため、手術後の検診や相談、追加矯正など、充実したアフターケアを無料でご用意しています(※)。※術式により無料保証期間が異なります。(詳しくはこちら)

手術をうけた著名人 実業家:堀江貴文さん、プロゴルファー:池田亜規さん、大谷奈千代さん、深堀昌之さん、木嶋崇人さん、小松 亜有さん、スピードスケート:及川佑さん、太田明生さん等。
両眼の料金(税込) 患者様に合わせて複数のプランをご用意しています。
術式・照射パターンは、検査データにしたがって患者さんに十分説明、納得していただいた上で、最終的に執刀医とレーザー技師が決定させていただきます。
施術内容 税込値段 保障
iFSイントラレーシック 23.5万円 5年
アイレーシック(オーダーメイドプラン) 35万円 トータルケア
スタンダード レーシック 8万円 1年
スタンダード エピレーシック/ラセック/PRK 12万円 3年
カスタム エピレーシック/ラセック/PRK 32万円 トータルケア
その他、料金の詳細はこちらをクリック!
適応検査 適応検査は無料です。
検査を受けたからといって必ず手術を受けなければならないわけではありません。
クリニック所在地 北海道、東京、愛知、大阪、神戸、福岡、小倉
治療責任者
北澤世志博
1990年 福井医科大学医学部医学科卒業
1996年 日本眼科学会眼科専門医取得
1996年 東京医科歯科大学医学部眼科講師
2004年 東京医科大学医学部眼科客員講師を兼任
2010年 医療法人社団稜歩会 チーフメディカルディレクターに就任
1991(平成3)年より屈折矯正手術ピーアールケー、1996(平成8)年よりレーシックを行い、28,000症例以上を実施。とくにフェイキックIOL(ARTISAN・ARTIFLEX)の症例数では日本一であり、エピレーシック、ラセックでもトップクラスの症例実績を誇る。また、内眼手術の経験も豊富で、白内障手術でも14,000症例以上の実績を誇る。



詳細はこちら!

私が神戸神奈川アイクリニックを選んだ理由
私は「トータルケアサービス」に魅力を感じたので神戸神奈川アイクリニックに決めました。悩んでいても仕方がないので、無料の説明会に行き、適応検査(無料)をうけて、アイレーシックを受けました。結果は大満足です。長年使用していたコンタクトのわずわらしさからも解放されました。こんな事ならもっと早く受ければ良かったです。今は日常の生活でも眼がよく見える事のありがたみを感じています。
【神戸神奈川アイクリニック PR】
当院では術後のお客様へのアフターケアについて、責任を持って行っています。レーシックは、ただ手術を受けるだけでいいというものではなく、手術後のケアが大切です。手術後は翌日、1週間後と術後の経過を見た後、3ヵ月後に定期検診に来院をお願いしています。なお、術後の検診・相談は無料のため、いつでも気軽にご相談ください。その他にも夜間相談窓口サービス(24時間体制)、連携先医療機関紹介サービスなど、安心して手術を受けていただけるよう万全の体制を整えております。
 神戸神奈川アイクリニックの詳細はこちら
神奈川クリニック眼科の患者様

イントラレーシックのクリニックランキングサイトTOPへ


コンタクトレンズと視力回復手術どちらを選ぶ?

マスコミが報道しない、コンタクトレンズを使用するリスク(危険性)

マスコミ、TVが決して報道しないコンタクトレンズの危険性をご存知ですか?なぜ報道されないか?
これはコンタクトレンズの製造メーカーがTV等でスポンサーになっているからです。
TV、メディアというものはスポンサーがあって成り立っています。スポンサーにとって都合の悪い事は放映しません。

コンタクトレンズをつけられる期間は25年が限界!?

コンタクトレンズを長期間使用すると、角膜が薄くなるという弊害がありますが、それ以外に、角膜内皮細胞が死滅します。
コンタクトレンズは、どんなに酸素透過率が高いものでも、角膜内皮細胞が酸素不足を引き起こし、機能が低下し、やがて減少していきます。レーシックは角膜の内部を削る事で屈折力を変え視力を回復します。
コンタクトの長期使用で角膜が薄くなってしまった方、細胞が死滅している方は、レーシック不適合になってしまいます。

一生コンタクトレンズを使用する事はできません。あなたはコンタクトレンズと視力回復手術どちらを選択しますか?

今、日本では約1500万人がコンタクトレンズを使用しています。より快適に過ごすために、コンタクトレンズの性能やケア用品などは大きく進歩している一方で、不適切な使用やレンズケアによって、眼のトラブルが確実に増えています。
日本眼科医会が平成14年に行った調査では、1年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼障害が起きていると推計されます。

視力で悩んでいる方、ご自身の現在の眼の状態を知るためにもまずは無料の適応検査を受けましょう。

適応検査は 錦糸眼科 品川近視クリニック神戸神奈川アイクリニックで受け付けております。
万が一、レーシックが不適応だった場合、今後の眼の事を考え、コンタクトレンズの使用頻度を減らしましょう。 
<注意事項>
コンタクトレンズは大変手軽な視力矯正装置ですが、リスクの高い「高度管理医療機器」(クラスV)に分類されています。




コンタクトレンズを長期に渡り使用すると眼は充血しやすくなり、コンタクトレンズの傷が修復されにくくなります。さらに眼の痛み、眼の渇きが恒常化します。
角膜内皮細胞は、コンタクトレンズを5年間、連続使用すると10%も減少します。
健康な内皮細胞は単位mm2当たり3000〜3500個ありますが、コンタクトレンズの装用年数が20年以上の場合、1000個を下回る可能性も十分あります。
2000個を下回ると、痛みと渇きでコンタクトレンズを装用できなくなりますが、無理に装用を続けていると、やがて失明という事態にもなりかねません。  
あなたは、何歳からコンタクトレンズを使用していますか?
痛みを我慢して、無理に装用を続けていませんか?
最近、眼の渇きは激しくありませんか? 
少しでも思い当たる方は眼の健康診断のつもりで、レーシックの適応検査を受けましょう。
品川近視クリニック



適応検査無料
錦糸眼科



適応検査無料
 
神戸神奈川アイクリニック



適応検査無料

コンタクトレンズの危険性 長期使用はレーシックの適応不可に!? >>
コンタクトレンズは大変手軽な視力矯正装置ですが、リスクの高い「高度管理医療機器」(クラスV)に分類されています。

クリニックが決められない・・・。
適応検査(無料)を受け、クリニックを見に行きましょう。その場で手術を強要される事はありません。

目標の視力がでるか不安・・・。
検査後のカウンセリングの時、医師に質問しましょう。きちんと答えてくれます。
万が一、答えてくれない医院があれば、そこでの手術は断りましょう。

失明しないか?
レーシックは、角膜の表面を薄く削る手術で、眼球の内部には影響ありませんので失明の心配はありません。
アメリカで、1995年にFDA(米国食品医薬品局)がエキシマレーザーを使用した視力矯正術を認可し、日本でも2000年に厚生労働省が安全性を確認し、認可されています。
それ以降、全世界で年間数百万件手術が行われておりますが、現在まで失明の報告は1例もありません。

20年後でも大丈夫?

世界各国のドクターにより様々な検証や臨床試験が行われ、レーシックでの長期安全性について問題ないと報告されています。その安全性と効果から世界中で数百万人の患者様がこの手術を受けられており、すでに術後10年以上経過した方も多くいらっしゃいますのでご安心ください。

 

<不安を解消> 人気の錦糸眼科へレーシックについて質問しました。詳細はこちら >>

無料の適応検査は各クリニック 品川近視クリニック錦糸眼科神戸神奈川アイクリニックにて受付中です。手術を強要される事はありません。
 
Copyright (C) レーシック人気クリニック2013年版 All rights reserved
このWEBサイトは株式会社がじゅまるが運営しています。利用規約・免責事項